慌てず騒がず短い感想と質問を繰り返すことが大事

 私も男性だからわかるのですが、同性や年配の女性と話すときは普通に会話できるのに、いざ同年代や年下の女性と話すと急にしどろもどろになってしまうというケースはよくあることです。

 それは、一言で言えばその女性を「恋愛対象として意識しているから」に他なりません。

つまり、女性のことが必要以上にプレッシャーになってしまい、それが「上手く話さなければいけない」という思いにとらわれてしまうのです。

そうすると、途端に会話が弾まなくなりますが、そんなときは冷静になることがまず大切です。

 男性はどうしても女性と関係を急接近させたいというアクティブな気持ちが強いので、そんなときはあえて「受け」の精神でいることが大切です。

それは、女性が何か話したらそれに対して一言二言返せば良いのだ、という気持ちを持つことです。

 女性というのは総じて会話が得意ですので、たとえこちらが一言二言しか返さなかったとしても、意外と何とかなってしまいます。

そのときに「こちらの感想を一言、そして質問を一言」ということを心がけていると、会話のラリーも途切れずに済みます。

 もしも女性から受けるプレッシャーに押しつぶされそうになってしまったときは、そのことを心がけるだけでだいぶ精神的に楽になります。

 つまり、大事なのは会話を無理に盛り上げることではなく、とにかく続けることなのです。

そうして会話を続けていれば、自然と会話が盛り上がるポイントも出てきますので、とにかく慌てず騒がず短い感想と質問を繰り返すことが、女性と上手く会話する第一歩だと私は思っています。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

このブログ記事について

このページは、女性と会話が2014年3月11日 04:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「女性と会話が続かない人がやるべき事はひとつ」です。

次のブログ記事は「異性との会話で安心感を与えるために」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。