恋人が欲しい男性がやるべき事とは

恋人が欲しいならやるべきことはまず1つ。

それは自分磨きです。

お金があれば付き合ってくれる女性もいるかもしれませんが、それは明らかにお金目当てなので、ちゃんとした恋人が欲しいならまず自分磨きをしましょう。

友人や知人の紹介でなければ、まず女性は外見を一番に見ます。
外見がそぐわなければ、中身が素晴らしい男性でも中身を知って貰う前にさよならされていしまいます。
なので、まず自分の外見を整えましょう。

まず髪は清潔ですか?
女性はどんな人が好みかときくと清潔感のある男性と答える場合も多いです。

髪はきれいにカットしてもし白髪があれば染めましょう。
恋人が欲しいのなら若々しい外見を保つのも大事なことです。

さらに男性エステにも通ってみてはいかがでしょうか。
肌がキレイだとより若く見えて、外見もぐっと引き締まります。

毛深い男性が嫌いな人も多いので、剛毛の方は、できたら脱毛に通うと良いと思います。

太っている方はダイエットをしましょう。
太っている方が苦手な女性も多いです。

これらは努力すれば改善できることなので、がんばって自分磨きをしてください。

あとはセンスの良い服を買いましょう。
別に高価なブランド品でなくても構いません。

ただ安い服はやめてください。
量販店購入の服だと女性は自分にはこんな価値しかないのかと思う人もいます。

高すぎる必要はないので、清潔感のあるちょっとオシャレな服を集めて、自分磨きをしてください。

自然に会話が出来る関係について

ilm08_bd01016-s.jpg

元々が人見知りの方は、基本的に誰とも会話が弾みにくいものです。
これはその人の性格、または性質的な部分が影響しています。

ですが、基本的には誰とでも会話出来るものの、特定のカテゴリーの相手に対して上手く話せないという方がいます。

例えば、同世代や年下の女性と会話が出来ないという男性です。
これは性格ではなく、精神的な部分が関係しています。

どんな相手でも相対した時には上下関係が形成されていきます。
相手が下、または同格と思えた時に人は自然な振る舞いが出来ます。

ですが、上だと思った場合には緊張して目すら合わせられなくなるのです。
これは誰にでも起こる現象です。

上記の男性の場合は、たまたま同世代や年下の女性が上に思えてしまう対象だったのです。

さて、この状態を改善すべき方法は、相手を同格か下に見るということです。
ですが、そもそも思考停止に陥るくらい上の存在である相手を、そのような位置関係に組み込むのは無理があります。

そこで、相手の高さまで少しでも近づけるようにするのです。
異性間で自分が下に感じるのは、例えばビジュアル的なコンプレックスがあります。

ですから、体型が気になるならダイエットで絞ったり、服装が気になるのなら、少々の出費を覚悟してでもオシャレにコーディネートしてみましょう。

この問題の改善には努力や出費が必要になります。
ですが、確実に改善可能ですので、是非奮起して欲しいと思います。

女性との会話をスタートさせるコツとは!?

確認です!
どうして同年代、年下女性と話したいのでしょうか?

お友達になりたい!相談したい!できれば付き合いたい!
いろいろと理由はあると思いますが、あなたはどういう理由でしょうか?

なぜ初めに伺ったかというと、ここのスタートラインが関係構築にあたって重要なのです!

ここのスタートラインがよくわからないままだと、する会話も、どこどこ行くにしても曖昧なままに終わってしまいます。

例えば気が合いそうな女性がいて、お近づきになりたい場合どうしましょうか?
なんとなく話しかけるにしても、どう会話をしたらいいかわかりませんよね!?

そのときに大切なポイントが「どうして~と思ったか?」です!!

」と思うことは「付き合いたい」や「友達になりたい」なんでもいいです。

相手に何を求めているかを知ることが関係構築のスタートだからです。

人間の直感的な部分なので科学的な証明はできませんが、これまでたくさんの人達と会ってきた中の経験でのあなたの感想なので、その思ったことにシンプルに従うことが会話を苦手とする方に必要なことです!

うだうだ考えてしまうと、せっかく仲良くなる機会を失いますから。

ではスタートラインを知ったらどう会話していくかですね。
2点さえできればOKです! それは質問の仕方、相槌です。

質問の仕方とは、

いつ、どこで、だれに、なにを、なぜ、どのように」の5W1Hです。

相槌は、

あ~、いいですね、なるほど」などの相手へのリアクションです。

これさえできればいいと言いましたが、なかなか難しいですね。
意識することは会話のキャッチボールです!

自分が聞いて、相手に答えてもらう。相手が聞いて、自分が答える。
これを相槌をいれながら、会話をしていく。

まとめると、

・スタートラインを知り、シンプルに思ったことに従うこと

・質問の仕方と相槌を意識すること

これを意識しておくと会話がしやすくなりますよ。

会話が弾む魔法のコトバ

sexmc026-s.jpg

若い女性とふたりっきり。
楽しい話をして盛り上がりたい!

でも、緊張してしまって、用意していたとっておきの話題がぱっと出てこない......。

よくあることですよね。
でも、誰にでも会話を盛り上げることができる、魔法のコトバが存在するのです。

覚えるまでもない、とても簡単なフレーズですので、是非使ってみてください。

魔法のコトバ......それは、

あなたはどう思う?

です。

自分の考えていることを聞いてほしい、共感してほしい、と思っている女性は驚くほど多く、女性誌などでのアンケートでも、好感度の高い男性は「話が面白い人」よりも「話を聞いてくれる人」です。

ですので、相手の女性が自分の考えていることを話すための「」を作ってあげましょう。
最初の一言は、自分で発しないといけないこともあるかも知れません。

でも、その一言だって

今日は良い天気だね
今日は忙しそうだね

で良いのです。
とにかく、相手に喋ってもらいましょう。

自分は「へー、そうなんだー」「それは素敵だね」「それは大変だねえ」「それでそれで?」などなど、ひたすら共感する言葉で相槌を打つばかりでOKです。

会話が途切れたら、また何か簡単な質問を重ね、ちょっと会話することになれてきたら、自分の話も少しずつすれば良いのです。

女性には、面白い話をするよりも、話を聞いてあげるほうが盛り上がる

この黄金ルールにのっとって、会話にチャレンジしてみましょう!

目立たないところを褒めるのがポイントです

同年代の、または年下の女性となかなか話せない、または話をしようとすると止まってしまうという男性がいますが、これは何も特別なことでは有りません。

むしろ自然なことだと考えます。

どんな女性にでも気軽に話せる男性を見るとうらやましい、自分もあんな風に話をしてみたいと思うかもしれませんが、話しなれている男性でも内心はどきどきしているものです。

 若い女性はやはり美しいです。
その人たちに向かって話をするのはとても勇気がいることです。

まずは話をする前に綺麗な人と話をするのは緊張して当たり前と開き直りましょう。

あと、相手に合わせようとしないことです。

どうしても会話をするときに失礼なことをしないようにしようとか、きにいってもらえるような話をしようと考えるのですが、男性や年配の女性と話をするように自分のありのままをみせて話をすればいいのです。

 別にネタを用意する必要もありませんし、口下手でもかまいません。それがまた個性と受け止められますし、話すことに慣れたらいつもの自分が出てくるのですから。

 もし、会話が途切れたり、なにか会話したいなと考えるなら、その女性を褒めてください。

ただ、チャームポイントをほめるのでは有りません。
むしろ、あまり目立たないところをほめるとよいでしょう。

女性も「それは言われたことがないなあ」と感じると同時に自分のことをしっかりと見てくれているんだと喜んでくれますし、会話も弾むようになるでしょう。
ilm08_bd04008-s.jpg

女性と話す時に限らずですが、リードしなければならない局面で言葉が浮かばない事はよくあるものです。

特に自分の年齢が相手よりも上の場合、気負ってしまってリアクションできないケースはあるのではないでしょうか。

最近の若い世代の方は自分に興味が無いことは特に踏み込まない性質を持っている事が多く、人は人、自分は自分という線引きがはっきりしています。

つまり好奇心がそれほど旺盛とは言えないわけです。

共通の話題が無ければなかなか話が発展することはないのですから、主導権を取るのではなく取らせてあげる方が何かとスムーズに運ぶような印象があります。

何でもいいのですが、相手の興味の範囲で自分が知らないカテゴリーがあればそれが切り口になると思うのです。

知らないから教えて欲しいと素直に聞くのが手っ取り早く、いろいろ質問してみるのがいいのではないでしょうか。

もちろんこちら側もある程度勉強もしながらですが、彼女たちは教える事に対してそれほど嫌悪感は示しません。
もし人として問題なければ嫌がらずに話してくれるはずです。

逆に言うならこちらの趣味を押し付けようとしても突破口はまず開ける事が少なく、へえそうなんだの一言で終わります。
興味の範囲が狭いのが前提ですからそこをつついても難しいわけです。

最近の娘たちはネットでの情報が優先される事がほとんど、テレビでの情報にはうとく、世代ギャップを感じさせることがよくあります。

ならばどういう事に関して興味があるか聞き出して、それについて教えてもらう方が彼女たちからしても関心を持って話しやすいのは確かなのです。

例外として確率が高いのは誰でもやる事に関しての話、例えば食事に関してとかはまだ切り口が作れます。
当然ながらみんな食事はするわけですから、それは限られた人だけの話題ではないのです。

以外に食べ物の話は盛り上がる事が多く、もっともハードルが低い話題でもあります。

ただしこの場合も知識の押しつけは厳禁、せいぜいお店の紹介までに留め、むしろ好きなジャンルやお店をこちらが教えてもらおうという姿勢が気楽であり、話の流れを作れることが多いと言えます。

ラフでもいいので謙虚に考えてみるといいように感じます。
ilm16_aa02028-s.jpg

女性との会話が苦手という人や、何を話してよいかわからないという人は、今まで女性と接点がない生活をしてきた人に多いものです。

兄弟は男性だけの人や男子校に通っていた人は、女性に接する機会がなく、いざ対面すると何を話して良いかわからなくなります。

特に相手に好意を感じている場合、必要以上に固くなって自分を良く見せようとしがちになってしまいます。
こういった人は、まず女性と接するのに慣れることから始めると良いでしょう。

1対1ではなくグループで行動したり話を始めるのが基本です。

始めはすぐに女性と会話をはずませようとしなくても良いのです。
まず女性が身近にいる雰囲気に慣れたり、女性ってどんなものかなと知ることが大切です。

そのためには同じ行動をしたり、同じ興味を持ったグループに入ってみる事が良いでしょう。

男女一緒に料理を学ぶ料理教室に入ってみるのも良いかも知れませんし、スポーツサークルに所属してみるのも良いでしょう。

特にお勧めなのが同じ趣味を持つ人が集まるサークルです。
好きな事なら相手が女性でも話をしやすいし、話す事も沢山あります。


言葉に詰まる事もありません。
しかし注意したいのは、あくまでも女性に慣れるためにそのようなサークルに参加していると自覚をしておく事です。

自分が話したい事をとにかく話すという人は、女性に嫌われます。
女性は元来話し好きで、自分の話を聞いてくれる男性を好むものです。

相手の話を良く聞いて共感したり気持ちに寄り添うという事ができるようになれば、どんな女性とも話ができるようになります。
同年代の女性と話しをすることが苦手という男性は少なくないはずです。

このような人はまず相手を褒めること、そして相手の関心のありそうな話題を選び、会話を進めること思いに留めるべきでしょう。

自分のペースで会話を進めようと無理にがんばってしまうなら、言葉に詰まったときに緊張してしまい、そこで気まずい雰囲気になりかねません。

それで相手の女性が話をしたくなるよな雰囲気に持ち込み、向うのペースで会話を進めていくようにするなら、会話が弾むでしょう。

たいていの女性は「おしゃれ」に関心があります。

それでつけているアクセサリーを褒めたり、ヘアースタイルを変えたならそのことに触れたりして相手が喜びそうな話題を振るようにします。

相手の関心がありそうな話題を持ち出すことは非常に重要ですが、ときにはそれがよく分からないこともあるでしょう。

そのような場合、最近多くの人が関心を持っている話題をいくつか持ち出し、そのうちのどれかに相手が関心を示したなら、会話のメインテーマとして話を進めることができます。

たとえば最近流行の映画や、人気のある芸能人やスポーツ選手の話題などは誰もが関心があるものですので、探りとして持ち出すことができるものでしょう。

相手の話が軌道に乗りだしたら、後はその話を楽しそうに聞くことからはじめ、タイミングよく意見を述べるなら、緊張せずに話しをすることができるでしょう。
女性は年齢問わず、基本的におしゃべりが大好きです。

それは自慢話であることもありますが、女性同士でけん制しあうような会話中で繰り広げられることが多いと思います。
女性も男性と同じように異性に良く見られたいと思っています。

そして、男女問わずだれにでもいえる事ですが聞いていて不快になる内容、ネガティブなこと「どうせ」とか否定系の単語だらけの会話、攻撃的な上から目線の会話、あまりにもマニアックすぎて相槌すら打てないついていけない会話、これらは絶対に避けた方がよいと思います。

話の内容に共感できたり、共感してもらえる、これがだれしもうれしいと感じると思います。
なんなら余計なアドバイス抜きで聞いてくれているだけでも心地よく感じます。

この余計なアドバイスは攻撃とか上から目線ともとられがちです。
相手が同年代や年下ならなおさら避けた方がよいです。

これらをすべて踏まえたうえでベストなやり方を考えると以下のようになるのではないでしょうか。

相談をするような内容「こういうのがあるんだけどどう思う?」とか、趣味など相手の好きにつながることを聞くような話の振り方をする。

ネガティブさを避けるために、否定や無理なアドバイスは一切しない。

そうだよね」とか相槌を何回かに1度のペースでする。

何度もしつこいと逆に相槌に義務感がでることがあります。

わからないなら見栄を張らずに相手が年下でも素直に聞いてみる。
自分に相談されているのと同じような感じなのでよほど的外れじゃないかぎり嫌な気持ちにはなりません。

どうしても会話に自信がなければ、わからない、苦手だけど聞いてあげることはできると誠意が伝わるなら聞いてあげるだけでも女性は大丈夫です。

見栄を張らずに素直になると、きっと女性の前で緊張することも少なくなると思います。

話すことより、相手の話を真摯に聞いてあげる聞き上手がいつの時代も会話上手のポイントだと思います。

異性との会話で安心感を与えるために

会話とは言葉のキャッチボールである事は言うまでもありません。
キャッチボールをしたことのない人にはイメージが掴みにくいかもしれませんが。

上手にキャッチボールをする最大のポイントはたった二つです。
取りやすいボールを投げる事と、相手のボールをきちんと受ける事です。

しかし、会話におけるキャッチボールでは、ボールを投げる事よりも受ける事の方が重要となってきます。

極端に言えば、ボールを投げなくても会話におけるキャッチボールは成立するのです。
相手の投げるボールをちゃんと受ける。置き換えれば、相手の話を聞くという事。

まずはそこから始めてみましょう。

会話が苦手という人は、大概の場合、「話題がない」「話が続かない」「面白い事が言えない」と、投げる側のマイナス点ばかりを挙げてきます。

でも、話を聞くことに徹していれば、そういった不安はなくなりますよね。

ただ、話を聞くという事も、案外と難しい事なのです。
黙って向かい合っているだけでは聞いている事にはなりません。

大切なことは、「聞いてるよ」という安心感を相手に伝える事なのです。

ポイントは、「うなずき」と「相づち」です。

うなずきと言っても黙って首をうんうんとするのではなく、「うーん」「そうなんだ」「へぇ」と言った一言が大事になります。

そして、ここが一番のポイントですが、相づちを返した後に、相手の言った言葉を短いセンテンスで返すのです。

今日、美容院にいったんだよ
へぇ、美容院に
毎日仕事が大変なの
そっか。大変なんだ

これで相手は聞いて貰っているという安心感から、どんどん話を始めます。

まず何よりも安心感を与える工夫こそが会話を長く続ける秘訣と言えるのではないでしょうか。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261